IT業界の現場にはなぜ男性が多いのか

IT企業に勤める社員の男女の割合を調べてみると、圧倒的に男性の数が多く、女性は10人に一人ほどだということが分かりました。
IT業界は、他の業界よりも、技術や能力を重視されることが多く、女性だから…男性だから…といった偏見はほとんどありません。
なのでITエンジニアとしてキャリアアップ・スキルアップをしたい女性にはお勧めではありますが、いざ企業に就職しても周りは男性ばかりで、数少ない女性社員でさえ、結婚や出産で辞めていく始末、なんてこともあるそうです。
なぜそんなに女性が少ないのか?理由として考えられるのは、過酷な職場環境という上に、出会いなどもなく、いくら仕事が好きだからと言っても、オフィスにいる女性は自分一人という状況に耐えられない人が多いのかもしれません。仕事がたくさんありすぎて、家に帰れない状況もしばし見られる業界ですから、女性には本当に少しきついかもしれませんよね。
しかし、男性にはできない女性ならではの発想などはやはり必要になってきます。どんな企業でも男女の割合の比率がきちんと取れているところの方が業績が伸びるというデータもあります。過酷な労働環境を良くし、積極的に女性を採用し、バランスの取れた企業にしていくことが必要です。そしてもっとやりがいのある、魅力のある職業だということをこれからの社会にアピールしていくためにも、きついとか過酷などというイメージを払拭しなければなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です